Return to site

Naturale

ありのままで

· 世界

毎年この時期は、関わっている化粧品の会議がイタリアで開催され、世界各国からインポーターが集い、それぞれの国の取り組みをプレゼンしたり、意見を交わし合います。

イタリア語から英語に通訳されるため、ヘッドホンを着用!

それぞれの国はライバルではなく、お互いのアイディアをシェアし合ったり、一緒にブランドイメージを高めていくことで発展していくので、ファミリーのような良い雰囲気です。

同じホテルに宿泊し、同じ釜の飯(リゾット?)を食べて過ごします。

いつも日本人に見られないのに、やっぱり私は日本人。。。

私は世界中の人と音楽を通じて仲良くなりたいと、小さい頃から思ってきました。

そのためにアメリカへ語学留学もして、世界に出るんだ!と意気込み、いつかそうなることを何年経っても諦められませんでした。

アメリカでのコンサートやCDデビュー、スリランカでの音楽活動、フランスの音楽出版社との契約、中国の広告の音楽など、海外での活動もいくつかやらせていただきましたが、イタリアに関しては化粧品という全く自分のジャンルとは異なる入口から始まり、音楽と繋がることはないだろうと思っていました。

それでも、昨年日本用のPVの曲を作曲したことをきっかけに、ミュージシャンということを知っていただき、滞在しているホテルで何度も演奏させていただきました。

イタリア本社の皆さんからも、「音楽をちゃんと続けてね。それがあなたのアイデンティティなのだから。」と言っていただき、なんと言っていいかわからないほど、胸がいっぱいになりました。

業績を上げるためには、音楽活動なんかやっている場合じゃないというのが殆どの企業ではないかと思うのです。

それなのに、「ピアノは1日何時間練習できているの?練習しないとダメだよ。」ということまで気にしてくださり、、、世界から来ている皆さんは、Amazon等で音楽をダウンロードしてくださったり、会うたびに音楽の感想を言ってくださいます。

音楽ではない分野の方々の前で自分の音楽の話をすることに、かなり罪悪感を持っていた私ですが、こんなに広い心で受け止めていただけたことに、涙が出そうになりました。

世界の有名なホールで演奏できていないし、世界でメジャーデビューできたわけでもないけれど、世界中の人と音楽で仲良くなりたいという夢は、ある意味少し叶っているのかもしれないと思いました。

そして、音大生のときにイタリア研修旅行に参加できずとても残念でしたが、大人になった今は度々イタリアに来ることができるようになって、その夢もいつの間にか叶っていました。

思っていたよりずっとゆっくりとたくさんのまわり道をしながらも、出会う人にたくさん助けてもらった分、感謝の気持ちを持てるようになったことは、自分にとっては良かったことだと思います。

この化粧品に関わる方々が自分らしく輝いていらっしゃるのを見ると、私ももう少し肩の力を抜いて、もっと人生に起きる出来事や出会いを楽しんだらどうかしら?と思います。

私の音楽が本当に必要であれば、世界のどこかで必ず演奏できるはず。

だから焦ってもしょうがないし、自分に出来ることを毎日続けていくだけです。

naturaleという音楽用語があります。

イタリア語で、「自然に」「素朴に」というような意味です。

それができるようになったら、私の人生はより豊かに、もっと誰かの役に立つことができるようになるかもしれません。

ホテルの周りはカラフルなお花やハーブがたくさん。癒されました。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly