サイトへ戻る

ディスタンス

離れていても

· 心のなか,世界

事業のひとつに、輸入取引のサポートがあります。

お取引様が輸入する時のやり取りをさせていただくのですが、まだ訪れたことのない国や面識がない方とのメールのやり取りにも、ご担当者の方の優しさやお気遣いを感じることがたくさんあります。

今や全世界的に同じ問題と向き合っていて、誰もが皆、通常通りではない業務の中で、顔が見えないからこそ、相手を思いやる想像力が必要なのだと学ばせていただくことばかりです。

また、音楽をご依頼いただくお客様とも、メールや写真を通じての交流になってしまうのですが、お客様からのご感想やご意見が、大変励みになっています。

一度もお会いしたことがない皆様とも、ご縁をいただけたことを幸せに感じています。

 

頻繁にやり取りをしているイタリアの企業には、本当は6月に会議に行く予定でした。

おそらく、それは叶わないと思いますが、直接お会い出来なくても不十分だと感じることは何もありません。

先日のオンラインミーティングでは、「道端で綺麗な花を見つけたので、君のために摘んできたよ」と、パソコンの前に飾ってくださったりして、、、さすがイタリア人ですよね(笑)

 

家族や友達ともよく連絡をとっています。

色々なお気遣いを、本当にありがとうございます。

優しさをくださったご本人にお返しできているか、感謝の気持ちをきちんとお伝えできたかどうかわかりませんが、今日伝えられる心からの「ありがとう」を不器用ながらも届けられるように、後悔しないようにとそれだけを考えています。

「あなたの存在」に感謝しています。

今日も居てくださって、あなたで居てくださって、ありがとうございます。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK