Return to site

スピードアップ!

ただし焦らない

· 心のなか

あけましておめでとうございます。

新年の東京は澄み渡る空気と静寂に包まれて、とっても穏やかな気持ちになれます。

とはいえ、経営者同士で「お正月どうするの?」という話をすると、だいたいは昨年やり残した仕事や、経理をお正月中にやらないとヤバイ!とお互いに言ってアワアワしちゃうのですが(笑)

しかし今年の目標は、スピードアップ!(ただし焦らない)ということを心に掲げたいと思います。

経営し始めて何度も、「私って何て仕事が遅いんだろう!」と思いました。

というのも、急な用が入って計画していたことが終わらない、やってみたものの終わりが見えないということが結構あるからです。

何もしていないうちに1日が終わった、、、と愕然とすることもありました。

厳密にいうと何もしていないわけでなく、人に会ったり、メールやLINEの返信、電話をしたり、書類を作ったりと、何かしらはしているのです。

それらはすべて大事なことではあるのですが、それだけで1日が終わると、何も進んでいないのではないか?と不安に思うことがありました。

どうにか2018年を終えましたが、手ごたえなんてありません。

「やっぱり時間かかり過ぎだな、どう改善しようかな。」と思いながら年を越しました。

私はいろんなことをしているので器用だと思われがちなのですが、まったくそんなことはなくて、たとえば5歳からやっているピアノはみんなからだいぶ遅れをとって、小学生の時の発表会で演奏をするときは、鍵盤は弾かせてもらえず打楽器でした。(そのくらいピアノが下手でした)
なんとか入った音大でも何も発揮できず、沈んだ4年間でした。

CDデビューのときも怒られてばかり。

実は、私本人がピアノ弾く必要ないんじゃないの?と言われて、レコーディングの頃は毎日泣いていたほどです。

今になってようやく楽しんで演奏できるようになってきたところなんです。

40年近く続けたピアノでさえそうなのだから、他のことは出来なくても、私の能力からすると当たり前なのかもしれません。

英語は16年、カレー作りは15年(アーユルヴェーダを知ったのも同じころ)、化粧品は3年、経営を始めて1年弱、、、やはり経験が浅いものほどすんなりとはできません。

努力していないというより、努力の仕方がわかっていないのだと思います。

でも、年明けに初詣に行ったり友達と話したりしてゆったりした気持ちになったところで、ふと、「こうすればいいのかな?」と思えたことが幾つかありました。

その分野のことは経験が浅くても、他の分野で経験したことが意外とヒントになったりして、まったくゼロからのスタートではないんだと感じました。

 

その道を極めるのは難しくても、色々な経験の掛け合わせで工夫を凝らすことで、自分にしかできないオリジナリティのある仕事が出来ていくんだと思います。

 

「焦らずにスピードアップ。自分のやるべきことを淡々と、しかし感動しながらやっていこう」

挑戦させていただけるだけで、こんなに幸せなことはないと感じる新年です。

 

皆様の2019年も笑顔あふれるお幸せな1年になりますように。。。

 

 

 

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly