サイトへ戻る

3期目に入りました

いつもありがとうございます

· ビジネス

コロナ禍の中3期目に突入した当社ですが、しれっとそう言いたくても、経営とはそんなに簡単なものではないな、というか、これが経営なのかどうかもわかっていません、、、

私の知る経営者はもっとスケールが大きくて、人格があって、スピード感やエネルギーに溢れているイメージでしたが、私はフリーランスの時からあまり変わっていない気がします。

個人事業主でも良かったのでは?と何度か思いましたし、「社長」と言われると恥ずかしくて逃げ出したくなりました(それ、駄目。。。)

そんなとき、テレビで小学生の男の子が、「将来は起業したい。だって会社は社会の役に立つものだから。」と答えているのを観て、小学生からとてつもなく大事なことを思い出させてもらったような気がします。

そう、私の会社だって社会の役に立ちたい。

お客様に笑顔になっていただきたいし、世の中に利益を還元できるようにしたい。

そのために会社にしたのだということを、忘れてはいけないと思います。

経営者になって、「あの時社長はこうだったのかな、、、」と、今までお世話になった経営者の先輩を思い出します。

私は起業してから、「このビジネスをやったらいいのに」と周りの方からすすめられることがあるのですが、お金になりそうだからとか、他の会社がやって上手くいったからといって、私の会社が上手くいくとは限りません。

また、会社の方向性に反することであれば、長い目で見た時に、続けていきたいものではありません。

何をするか?より、何をしないか?を決めておくことのほうが重要だと感じます。

私も会社員時代は、「うちの会社は何でこうしないのかな」と疑問に思うことがありましたが、私でさえ知っているような情報は、経営者はとっくにわかっていて、何周も考えて、やらないという結論に至っていたのだと気づきました。

まだまだ正しいことなんてわかりませんが、自分の責任で間違えられるなら、それは素晴らしいことだと思っています。

リスクを負って「あいたた、、、」と痛みを感じないと、学ぶことができないのが私だからです。

まだまだ必死感漂う自分でお恥ずかしいですが、お客様に信頼していただけるよう努力します。

今後ともお付き合いいただけましたら嬉しいです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK