Return to site

継続

続けること・続けられること

· 音楽

MOMINOKI HOUSEさんでのライブにお越しいただき、ありがとうございます!

毎月第一金曜日にライブをさせていただいてから、早くも4回目になりました。

最初は、皆さんが知っているような音楽を選曲しないと退屈させてしまうかな?とポピュラーな曲も選んでいたのですが、それが私に本当に望まれていることなの?と思うようになりました。

退屈するしないは、「知らない曲だから」ではないなと、安易に考えることをやめました。

誰もが知らない曲でも、また聴いてみたい!と思える曲や、印象に残る演奏をしたい。

継続させていただくことで、見えなかったものが見えるようになったり、逆に良かった部分を見失ってしまったりもしますが、何より一番素晴らしいと思うのは、継続できることです。

すべては毎回足を運んでくださるお客様があってこそ、提供してくださるお店があってこそです。

皆さまに楽しんでいただけるよう、またリラックスしてお食事を召し上がっていただけるよう、自分なりの世界観を表現していけたらと思っています。

分杭峠のゼロ磁場で作曲した「ZERO」も初めて演奏することができました。

これからも色々な場所に出かけて、その土地のエネルギーを音楽で皆様にお届けできたら嬉しいです。

次回は7月6日(金)19時30分からです。

お待ちしております!

ところで、「どうやってメロディが聴こえるようになったのですか?」と質問されることがあるのですが、私がはっきり覚えているのは5歳の、ピアノを習い始めた頃です。

街を歩いていると賑やかな商店街の曲のほかに、何か違う音楽が聴こえていて、「なんの曲だろう?」と思っていました。

バスに乗っていても、テレビを観ていても、人に話しかけられても、時には音楽のほうがうるさくて話し声が聞こえない。

日本人なのに日本語が理解できず、集団生活は苦労することが多かったです。

強烈なメロディを聴いたときは、左手の薬指が痛くなり、「もしかして、左手の薬指がアンテナなのかも?」と気づきました。

後で、左手の薬指は心臓と直結していると知って、なるほど!と思いました。

また、そのメロディはどこから来るのか?に気がついたのは、大人になってコンサートで演奏しているときです。

自分の右上のほうに青~紫色の光が見えたときに、「宇宙だ!」と思いました。

もしかしてこのメロディは宇宙と繋がっている??と。

メロディが聴こえていると同時に演奏しているので、「私」という人が考える暇はありません。

ただこの体を使って、そのメロディを演奏している、私という人は自動演奏機能つきの楽器のような感じがします。

こんなこと言うと本当に可笑しな人間と思われてしまうかもしれませんが、私にとってはこれが普通で自然なことなので、封印することもできないんです。
でもその個性を活かせるようになれば、誰かの役に立てる可能性があるんじゃないかと思っています。

世界は、そして宇宙はとても広いので、この個性を必要としてくれる人のために、どこへでも行って、たくさんの人にお会いしたいです。

一生かけて継続したいことです^^

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly